南千住「軽食・喫茶 エール」

エールに初めて行った日は、結局あまり楽しめずに終わってしまった
想像以上にゆったり広い店内と、有馬記念の予想に熱心なおじさま達の雰囲気に押されてしまったのだ
なんとなく居づらくなってしまい、ささっとコーヒーを飲み干してその日は帰った

その後も何度も南千住へ出掛けたのだが、エールだけは時間が合わず再び訪ねることができないでいた
そんなことを繰り返すうち「エールってどんな内装だったかな」と気になって仕方なくなり、改めて出掛けてみたのだった

e0219736_1656582.jpg

e0219736_16561159.jpg

e0219736_1656851.jpg

新しい気持ちでよく見渡してみると、随所に可愛いレトロが散りばめられていた
その中でもわたしは特に、ぽてっと丸いオレンジのランプシェードとダンディな配色と柄の壁がとても気に入った
前回ほとんど味わえなかった感動やワクワクをやっと堪能することができた

e0219736_16561461.jpg

e0219736_16561625.jpg

e0219736_19322473.jpg

だんだんエールの空気にも慣れて、書き物をしたり新聞を読んだりしながらすっかり長居してしまった
前回はそわそわしてしまったこの広さも、実は周りに気を遣わず長居するにはぴったりなことも分かった

e0219736_1655561.jpg

e0219736_16555450.jpg

e0219736_16555218.jpg

気になるけどなかなか入る勇気の出ないお店、大好きなお店、行ってみたいとチェックしたお店
全部は難しくても、行けるだけ沢山行った方がいいなと思う
新しい発見や新しいお気に入りに出会えるのはもちろん、いつまでも存在すると思っていたその場所が無くなることだってある
自分の経験や宝物を増やせるように、そして後悔しないように


(実際、エールの入口に置いてあった素敵なサンプルケースが今回の訪問では無くなっていてとても残念でした。当記事の下二枚の写真は2010年に撮影した、サンプルケースのある風景です。)
[PR]
by chanomibanashi | 2012-07-02 06:03 | 東京・荒川区


<< 千駄木「キッチン マロ」 小伝馬町「COFFEE & S... >>