カテゴリ:東京・墨田区( 9 )

両国「コーヒー&スナック ホルン」

e0219736_22152338.jpg
e0219736_22152566.jpg
e0219736_22152881.jpg


まずはこちらをご覧いただきたい
両国の喫茶店ホルンの、入口へ続く階段だ
よく見ると山の名前と高さが書かれている
しかも階段を上るにつれて、山も高くなってゆく
なんてお洒落なんだろう
わたしは一歩一歩丁寧に、入口のある一番高い頂を目指した

e0219736_22203614.jpg

両国はよく訪れた場所なのに、不思議とホルンに目が行くことが無かった
いつも真っすぐ国技館に行っていたからかもしれない
店内にはマダムが一人、カウンター横に座っていた
「お好きな所へ座ってね」「両国は初めて?」など、穏やかに話しかけてくれた
ホルンまでの道中色んな事があり、しかも気温の高い日だったので冷たいものが欲しかった
アイスコーヒーかアイスティーならできるとのことだったので、アイスティーをお願いした

e0219736_22214466.jpg

e0219736_22214843.jpg

e0219736_22215164.jpg
e0219736_22214673.jpg

e0219736_22215042.jpg

e0219736_2245087.jpg

赤と黒のイスが交互に並んでいて、テーブルには真っ赤なシュガーポット
ランプの形、輪っかがつながった暖簾のような仕切りも可愛らしい
わたしが座った席は程よく薄暗くていいムードだった
オリジナルのコースターと共に運ばれたアイスティーを飲みながら、朝見逃した連続テレビ小説の再放送をのんびり観たりして過ごした

e0219736_22544841.jpg

マダムとは両国の話、力士の話をしたりした
ホルンには何と言うか、浮世離れしたような、独特の不思議な時間が流れていたように思う
いつまでもここに居たいと心から感じた
わたしにとってホルンという喫茶店は、「大好き」なんて言葉では安っぽくてとても表現しきることができない
そんなお気に入りの喫茶店がまた増えて、わたしはとても幸せである

e0219736_239630.jpg

「またいらっしゃってね」と優しい言葉で見送ってくれたマダム
もちろん、また必ず
[PR]
by chanomibanashi | 2012-05-28 08:06 | 東京・墨田区

旧業平橋「季節の生ジュースとくるみパンの店 カド」

その名の通り「カド」にある、古めかしいお店
縁取りされた凝った看板がかわいく目立っていた

中に入ってみて、ある意味意外だった
もっともっと古くて、しかもあまり手の加えられていない、薄暗い感じを想像していたからだ
実際は明るい雰囲気で、クラッシックな洋風の感じだった
西洋画の飾られたカウンター、ペイントされた木のテーブル、美しいシャンデリア、と統一感がある
そしてそのカウンターに立つマスターが、それらの風景にぴったり合った方だったのがとてもいいと思った
チョッキとハンチング帽はキャメル色がベースのチェック柄で、かけている眼鏡もとってもよく似合う
話し方はハキハキしていて、お勧めのパンやジュースの説明は流れるような口調だった

e0219736_21241758.jpg

e0219736_21241553.jpg

e0219736_21231867.jpg

e0219736_21231277.jpg

e0219736_21232377.jpg

e0219736_21224284.jpg

50年になるというお店は直しながら続けて来たそう
席の配置が少し独特だけど、それがまた贅沢な感じもしてワクワクしてしまう
この日頼んだイチゴジュースはファンシーなピンク色で、濃くてまろやかな味
春はイチゴとマンゴーが季節のジュースらしい

e0219736_21241030.jpg

お持ち帰りもできるカドのパンとジュース
お客さんも次々やってきた
次回はわたしもパンを食べようかな
[PR]
by chanomibanashi | 2012-05-09 06:03 | 東京・墨田区

小村井「珈琲 メトロ」

e0219736_13441777.jpg

e0219736_13441397.jpg

都バスを待つ間、すぐ目の前のメトロへ立ち寄る

店内は美味しそうなにおいが漂っていた
赤いスカーフをかぶった奥さんが一生懸命調理をしていた

注文を訊きに来てくれた別の女性は、おしぼりの袋を開けて丁寧にわたしに差し出してくれた
こういった気配りがうれしい
わたしはコーヒーをお願いした

ここはレトロというか、ど昭和といった感じがした
BGMは歌謡曲
花柄の座布団が敷いてある革のソファ
奥さんの趣味なのか、壁には動物や花の切り抜きがたくさん貼ってあった
何とも言えない「家的な」面白さがあって、目にするものすべてがいちいち楽しかった

e0219736_13542644.jpg

e0219736_13542353.jpg

e0219736_13542194.jpg

e0219736_13541828.jpg


ガラガラ声の、元気のいい奥さん
下町のファンキー
[PR]
by chanomibanashi | 2011-06-17 11:00 | 東京・墨田区

小村井「コーヒーの店 越路」

e0219736_22343147.jpg

前を通る時はいつも定休日でシャッターが閉まっていた
やっと初めて入ったとき、想像していた通りのお店だったことに感激した

e0219736_22354150.jpg
e0219736_22355854.jpg
e0219736_2236985.jpg
e0219736_22361649.jpg

壁面の木目と天井の黒が落ち着いた雰囲気なのだが、奥にあるシャンデリアが上品な華やかさを加えてくれる
ゆったりと席が配置され、ゲーム台もたくさん並んでいる
もうそれだけでも来てよかったと思ったのだが、モーニングセットもまた素敵だった
e0219736_22381363.jpg

こんがり焼かれた食パンにハムときゅうりがはさんである
ゆで卵はきちんとエッグスタンドに乗っている
それらに小ぶりのサラダが付いて、みんな一緒に木のトレーに並んでいる
テーブルが明るくなって、気持ちも明るくなった

e0219736_22432382.jpg

奥様がほんわかとした方で、感じが良かったのも印象に残っている


濃い目のコーヒーを飲みながら、理想的な空間に出会えた嬉しさでいっぱいだった
e0219736_22494859.jpg

[PR]
by chanomibanashi | 2011-05-29 05:44 | 東京・墨田区

業平橋「純喫茶 マリーナ」

「ジュージュー鉄板焼」
純喫茶で、鉄板焼

e0219736_14365141.jpg

マリーナでは、ナポリタンと言えばこのスタイル
(壁のメニューを見たところ、「イタリヤン」もジュージューしている様子)
このあつあつのナポリタンおいしい
麺は比較的太め
ハム、玉ねぎ、ピーマン、いたってシンプル
鉄板のおかげで最後まで熱く、しかも底のほうがカリッとなるのでそれもいい

そしてわたしは、ナポリタンの時はソーダ水をよく頼む
だって色の組み合わせがいいじゃないか

e0219736_1437825.jpg

e0219736_14371381.jpg

e0219736_14371873.jpg

お客さんは次々にやってくる
持ち帰りの注文をしている人が多かった
喫茶店でもあり、町の洋食屋のようでもある
地域に愛されているんだな

e0219736_14373771.jpg

e0219736_14374276.jpg

e0219736_1437471.jpg

ふと見下ろすと、床は海のように青いカーペット

特別なナポリタンを食べた気分
[PR]
by chanomibanashi | 2011-05-27 23:59 | 東京・墨田区

錦糸町「純喫茶 静」

わたしは大相撲ファンである
朝青龍関が引退するまでは国技館にちょこちょこ見に行っていた
特別朝青龍関が好きだったわけではないが、彼の相撲はとても面白かった
勝負自体はもちろん、土俵入りも塩をまく姿も、観客に「魅せよう」という気持ちにあふれていた
プロの心意気を感じたものだった

純喫茶 静 は、そんな相撲好きのわたしには最高の空間だった
e0219736_1444130.jpg

e0219736_14441022.jpg

e0219736_14441939.jpg

手形、サイン、写真パネルがたくさん飾られている
たくさんの力士の方々がお店に来るのだそうで、その一つ一つをお店のおじさんが丁寧に説明してくれた

e0219736_14442956.jpg

この日わたしが頼んだものはアイスティー
甘さをどうするか事前に聞いてくれる

書き物をしようと思ってテーブルにノートを置こうとしたとき、ちょうどアイスティーが運ばれてきた
するとおじさんは、メニューを別のテーブルによけてくれたり、グラスをできるだけテーブルの端に置いてくれたりした
その心遣いが素晴らしいと思った

店内はわたしの好きな雰囲気だった
特にランプ類がどれもかわいく、赤いランプシェードはお洒落だったし、点灯はしていなかったがシャンデリアも綺麗だった

e0219736_14444728.jpg

e0219736_14445278.jpg

おじさん曰く、この日わたしが座った席は高見盛関の定位置なのだそう
そして、窓際で漫画を読んでいた力士の方は千代桜関だと教えてくれた
将来有望で、しかも礼儀正しいお相撲さんだとべた褒めだった
優しい表情が印象的なお相撲さんだった


ああ
やっぱり一緒にお写真撮ってもらえばよかった!
[PR]
by chanomibanashi | 2011-05-26 23:09 | 東京・墨田区

曳船「coffee 琥珀」

大通りの向こうに一軒の喫茶店が見えた
レースのカーテンで中はほとんど見えなかったが、思い切って入ってみた
e0219736_1544779.jpg

お店の主であるおばあちゃんと、常連のおばあちゃんが二人でお話していた
コーヒーを飲みながら楽しそう

こぢんまりとしたかわいい喫茶店
テーブルに飾られたカラフルな造花に気持ちが和む
e0219736_155955.jpg

e0219736_1552479.jpg

e0219736_1552942.jpg

e0219736_1553871.jpg

アイスティーを頼んだ
「けっこう難しいのよね、アイスティーってね」と言いながら、きちんと作ってくれる
後から聞いたのだが、今年からは食事類を一切やめて飲み物だけを出すことにしたそうだ
しかも常連さんのほとんどはコーヒーを頼むらしく、わたしが急にやってきてアイスティーなどと言うものだから少し手間をかけさせてしまったようだった
申し訳なかったなと思いながらも、おばあちゃんがいれてくれた丁寧なアイスティーをおいしく味わった
飲みながらあれこれ世間話をしたりして

e0219736_1555584.jpg

会計を済ませて出ようとすると「帰り道に疲れたら食べなさい」と、飴玉をくれた
たくさんお話も出来て、娘が遊びに来たような感じがして嬉しいと言ってくれた
わたしもほんわかした気持ちになった

下町はいいね
[PR]
by chanomibanashi | 2011-05-15 20:09 | 東京・墨田区

錦糸町「喫茶 ニット」

「手作り」とか「特製」とか、そういった言葉にはなんだか弱い

ニットではプリン、コーヒーゼリー、ホットケーキがお店の特製メニューと書かれている
わたしはその中から、ニット特製プリンを選んだ
飲み物は冷たいレモンティーを

お店の奥にあるキッチンに目をやる
そこでは制服をびしっときめた男性二人が忙しそうに働いていた
これぞ喫茶店、といった感じのスタイルがよく似合っている

店内も昔ながらの雰囲気で、菱形の鏡に映り込むランプがノスタルジック
隅から隅まで喫茶店色の店内で、落ち着きの時間を過ごした

e0219736_23301885.jpg

e0219736_23302488.jpg

e0219736_23302112.jpg

e0219736_23302868.jpg

e0219736_23302737.jpg


想像より豪華なプリンだった
普通のプリンがこれなら、プリンアラモードはどんなだろう

ニットではモーニングを12時まで頼めてありがたいし、食事メニューも豊富なようす
その中でもオムレツが美味しそうだった

帰りに頂いたお店のポイントカードを持って、またニットに出掛けたい

e0219736_23303318.jpg

e0219736_23302277.jpg

e0219736_23303554.jpg

[PR]
by chanomibanashi | 2011-04-01 02:10 | 東京・墨田区

錦糸町「珈琲専門店 トミィ」

本で見た、ホットケーキの喫茶店
やっと訪れることができた

e0219736_21592516.jpg

e0219736_21593179.jpg

e0219736_2159282.jpg

懐かしいにおいのする店内で、写真付きのメニューをじっくり見る
フルーツバーグとアメリカンに決めた

コーヒーはきちんと豆を挽くところから始まる
「フルーツバーグはケーキを冷まさないといけないから少し時間がかかるんですよ」と言われ、20分くらいわくわく待った
マスターと娘さんが黙々と作ってくれる

e0219736_220624.jpg

見るからにふわふわでやわらかなホットケーキ
バナナ、キウイ、みかんの缶詰、生クリームが挟んであり、全体がちょうどいい甘さだった
しあわせの味がした

この日はわたししかおらず、とても静かな時間が流れた
しかし土曜日にはこの風景が一変して、とても忙しくなると教えてくれた
「平日と土曜日のバランスがとれたらいいのにねぇ」と娘さんは笑っていた

e0219736_2256513.jpg

e0219736_2256862.jpg


帰りにお店の名刺をいただく
よく見ると一匹の猫が写っていたので、それをきっかけにお互いに飼っている猫の話をし合った


そうこうしてお店を出ると、今まで噂をしていた名刺の猫が待っていた
お店の猫ではないのだそうだが、娘さんからマグロをもらって嬉しそうに食べていた
少し痩せていたけど、フサフサの体と凛々しい視線がかっこよかった

美味しいホットケーキを食べて、猫ちゃんにも会えて、いいことばかりだ

e0219736_22561757.jpg

[PR]
by chanomibanashi | 2011-03-24 22:31 | 東京・墨田区