カテゴリ:東京・港区( 3 )

新橋「珈琲 バイオレット」

平日の新橋は働く街
そんな平日に休みモード全開なわたしは、この街ではかなり浮いていた

しかしバイオレットも、負けずに異様だった
もちろんいい意味で

e0219736_1515576.jpg
e0219736_1521176.jpg

e0219736_1521644.jpg

元気な奥様に迎えられ、広い席をすすめられた
話好きで世話好きで、気さくに色々と話してくれる
わたしが少し圧倒されているのを見て「ペラペラ喋ってごめんなさいね、もう喋らないわ」などと言ってみたり
その姿がなんだかお茶目でかわいくて、「気にしないでください、楽しいです」と答えてお互いのことを話したりして過ごした

今は二階にはお客さんを入れていないそうだが、昔は二階も満席、その上コーヒーの出前も忙しかったと教えてくれた
また『散歩の達人』の取材を受けたと言って、嬉しそうに掲載号を見せてくれた
「歳がばれるから常連さんには見せていないのよ」と笑う
実際、その年齢を見て驚いた
なんて若々しいのだろう!

e0219736_1523496.jpg

おかきの添えられたコーヒー
ほっと体が温まった

-----------------------------------------------------------------------

e0219736_1524327.jpg

初訪問から一ヶ月後、再びバイオレットを訪れた
実は前回、奥様と約束をしていた
マッチが欲しいことを伝えると、自宅にあるから今度持ってきてあげると言ってくれたのだ

お店に入って席に着くと、奥様はすぐにわたしのことを思い出してくれた
そしてお店のマークの入った素敵なマッチ箱を二つ、テーブルに差し出してくれた
少し色あせたその箱を大事に鞄にしまい、一ヶ月前と同じようにあれこれ話をして過ごした


ここは本当に新橋なのだろうか
そんな風に錯覚するくらい、昔のままの下町のようなあたたかい場所だと思う
[PR]
by chanomibanashi | 2011-05-18 21:55 | 東京・港区

新橋「パーラー キムラヤ」

JR新橋駅と直結している駅前ビル
雰囲気がどこか梅田の地下街にも似ている気がする
通勤ラッシュがひと段落した10時あたりに、キムラヤに入る
e0219736_0113272.jpg

入口に「モーニングサービスやってます」というプレートが掛かっていたので、迷わず注文する
どのお店でもモーニングは可能な限り頼むことにしている

少し苦くて濃いコーヒー、ゆで卵、厚切りトーストのセット
バターがもう少し塗られていたら嬉しかったけど、分厚いトーストはやはりそれだけで嬉しくもなる

e0219736_0155634.jpg
e0219736_016980.jpg

e0219736_0162129.jpg
e0219736_0162971.jpg
e0219736_016353.jpg


昔算数の時間に解いた問題にあったような、コンパスで描いたような壁が良かった
マスターとウェイトレスの女性がたまに談笑しているのもなんだか良かった


せわしく人々が行き交う新橋において、こういうお店があるというのはとても嬉しいし、和むなあと思う
[PR]
by chanomibanashi | 2011-03-03 18:58 | 東京・港区

新橋「coffee フジ」

ニュー新橋ビルはいかにも新橋らしいというか、日々一生懸命働くお父さんたちの空気でいっぱいだ
わたしにはなかなか縁のない街なのだが、こういったお父さんの街には美味しいご飯屋さんや喫茶店がたくさんあるに違いないと思ってたまに散策に行くことにしている


フジはその名の通り、富士山の大きなパネルのある喫茶店
遠くから眺めるのもいいが、この日はパネルのすぐ横の席についた

1~2人掛けの小さな席から、ボックス風になっている広々とした席もあった
読書しながらそのままうたた寝している人や、サラリーマンのおじさんたちが書類を広げてちょっとした会議をしていたり、それぞれにいろんな時間が流れている
わたしはアメリカンコーヒーを飲みながらゆったり過ごした

e0219736_17481691.jpg

e0219736_1813071.jpg

e0219736_18272.jpg
e0219736_1746841.jpg


黒いベストを着たウェイトレスたちがてきぱき働いていて気持ちが良かった
食事メニューもいくつかあったので、お昼はもっと混むのかもしれない

綺麗な富士山を見ながらしばしの休憩なんていいな
[PR]
by chanomibanashi | 2011-02-24 02:04 | 東京・港区