カテゴリ:東京・板橋区( 5 )

新板橋「coffee LEMON」

e0219736_23455879.jpg

板橋の町中にぽっと現れたメルヘンチックな建物
それが喫茶店だと分かった時は心が躍った

店舗兼住宅というものは、喫茶店はもちろん他の業種でもたくさんあるが、レモンは特別完成度が高いと感じた
昔テレビアニメの世界名作劇場で見たような、どこか外国の雰囲気もある
そしてその理由はしっかりあって、お店の中でのマスターのお話で知ることとなった

e0219736_235867.jpg

e0219736_23581298.jpg

e0219736_23581315.jpg

カサブランカの香りが上品に漂う店内に、穏やかなマスターとマダムがいた
特に目を引いたのはマダムで、和装姿がとってもよく似合う素敵な方だった
カフェオレを注文すると、これまた和風の渋いカップに注がれてやってきた
シュガーポットも同じ趣で、なんだかほっこりした気持ちになった

e0219736_044661.jpg

他のお客が皆帰り、マスターとお話する機会に恵まれた
メルヘンチックで素敵なお店だと伝えると、数十年前に当時安藤忠雄氏のお弟子さんだった方が作った建物だと教えてくれた
ドイツから帰ってきたその方がぜひとも設計させて欲しいと言い、近所ではそう見かけることのない個性的でかわいい建物になったのだそうだ
現在も変わらぬそのお洒落な雰囲気を気に入った人たちが撮影に使わせてくれと頼みに来たり、取材を受けたこともあったとマスター
楽しいお話は尽きることなく続いた

e0219736_044391.jpg

e0219736_043998.jpg

e0219736_043588.jpg

e0219736_045036.jpg

お会計の時「次いらっしゃる時はお店やってないかもしれないけど」なんて、茶目っ気たっぷりにマダムは言った
確かにご高齢のご夫妻
だけどそんなこと言わないで、ゆっくりゆっくり続けて欲しいなと思った

e0219736_0305657.jpg

[PR]
by chanomibanashi | 2011-11-11 00:00 | 東京・板橋区

要町「喫茶室 館」

e0219736_23241894.jpg

ある日仕事でバスに乗った時、ちょうど山手通りを通った
ぼんやりと外を見ていると「館」の文字が素晴らしいひさしを見つけた
後日、また同じバスに乗ってそのひさしを目指した

中に入るとゆったりとした茶色いソファが配され、入口のそばにはゲーム台もある
わたしは山手通りがよく見える窓際のソファに座った

モーニングを探したが見当たらない
しかしここには「館セット」というトーストセットがあった
トースト、ゆでたまご、サラダ、そして飲み物
お店の名前の付いたメニューってそれだけで大好きだ

e0219736_2327064.jpg

館セットを食べながら、お店をくるくる見渡してみる
漫画や雑誌、女性誌も多い
程よい音量でテレビが点いている
卓上に目を向けると、七味唐辛子などの調味料が置いてあった
食事を頼むお客さんが多いのだろう

奥様はとても優しい雰囲気の方で、おだやかなお店の空気にぴったり合っていた
開け放たれたドアからは爽やかな風が吹き込み、本当に気持ちのいい時間だった

e0219736_23265159.jpg

e0219736_2326541.jpg

e0219736_23265985.jpg

e0219736_2327249.jpg

[PR]
by chanomibanashi | 2011-06-29 08:53 | 東京・板橋区

成増「珈琲家 不二越」

e0219736_18432933.jpg

煙草と喫茶店は、深い結びつきがあると思う
今までも煙草店と喫茶店が併設されたお店をたくさん見てきたし、煙草店とまではいかなくても銘柄を決めて常連客のために売るだけの煙草を置いているお店も多数あった
煙をぷかぷかさせて、本を読んで、コーヒーを飲んで
わたしは喫煙はしないが、こういう文化を嫌ったり悪いと思ったことはない

e0219736_18514874.jpg

e0219736_1852291.jpg

不二越は、喫茶店としてもちろん素敵なのだが、煙草店としての特徴も同じくらいよく表していた
見たこともない銘柄もたくさん置いてあったし、店内には煙草関係のノベルティーや掲示物が多かった
純喫茶としての特徴は何と言ってもゲーム台
比較的多いと思ったし、現役で稼働していた
麻雀でもできればゲーム台楽しいんだろうな、などと想像してみたりする

e0219736_18592470.jpg

e0219736_18593485.jpg

仕事で疲れてしまって、甘いものが食べたいと思いフルーツパフェを頼む
盛り付けが華やかで、ソースはブルーベリー
みるみる疲れがとれていくようだった

e0219736_19224.jpg

e0219736_1921347.jpg

メニューを見ると、食事が豊富でおいしそうだった
中でもカレーが有名のようで、今度ぜひ食べてみたい
[PR]
by chanomibanashi | 2011-05-22 22:54 | 東京・板橋区

大山「コーヒーショップ ピノキオ」

たまたま、もの凄く混んでいる日にお邪魔してしまった

分厚い、二段重ねのホットケーキがあると聞き、楽しみにしていた
「今日は30分くらいかかってしまいそうなんですが、よろしいですか?」と奥様
お店できちんと手焼きするホットケーキの場合、時間がかかることは当たり前だと思っているので特に気にならない

店内はログハウスのような、木のあたたかさのある雰囲気
お店の名前にちなんでピノキオのぬいぐるみがあちこちに飾ってあった
わたしは入り口手前にあるゲーム台の席に座っていたが、奥の方にはふつうのテーブル席が見えた
みんなホットケーキの出来上がりを楽しみにしている様子だった

e0219736_15443118.jpg

e0219736_1544388.jpg
e0219736_15444794.jpg
e0219736_15445755.jpg

e0219736_1545647.jpg

テーブルに置かれた瞬間、「わぁ」と声をあげてしまった
おとぎ話に出てくるようなホットケーキ
思っていたよりは小ぶりだったが、厚みが本当にすごくて、マスターってすごいと思った
ふかふかで熱々のうちにシロップをたっぷりかけていただいた


お会計はマスターがしてくれた
とても感じのいい方で、待たせてしまったことを何度も何度も謝っていた
わたしはかわいくて美味しいホットケーキを食べられたので、時間のことなどちっとも気にしていないのに
こちらこそありがとうの気持ちでいっぱいなのに


だけど、あんなに忙しい日が何日もあったらさぞかし大変だろうなと思う
ピノキオのホットケーキがたくさんの人に愛されている証拠なのだが、少し心配にもなった

マスター、奥様、どうかお体お大事になさってください
[PR]
by chanomibanashi | 2011-02-15 23:15 | 東京・板橋区

板橋「お食事・喫茶 けやき」

板橋区役所の方へ向かう途中、けやきを見つけた
比較的大きな道路に面しているのだけど、どこかひっそりしている
コーヒー300円、ひきたて、と書いてあったので迷わず入った
ここまで来る途中に野良猫をさんざん追いかけまわして疲れていたので、ちょうどいいなとも思った

入ってすぐのところはカウンター、奥にテーブル席がある
小柄な奥さんがせっせと調理をしていた
コーヒーを頼んでテーブル席で待つ間、あたりをきょろきょろ見渡してみる
先客のサラリーマンは黙々と松花堂弁当を食べている
あとで分かったことだが、このお店ではお昼に訪れる人はほぼみんながそのお弁当を頼んでいた
大変人気のようで、遅くに来た人は売り切れで食べられない様子だった

けやきのアメリカンは、わたしの好きなアメリカンだった
安くて手軽なのが本当にありがたい

まわりのほとんどが常連らしいサラリーマンばかりで初めは少し落ち着かなかったけど、座ってしまえばとてものんびりできる
手書きの張り紙やメニューを見ていると、手作りのお店という感じが伝わってよかった

e0219736_1718217.jpg

e0219736_1718734.jpg

e0219736_17181157.jpg

e0219736_17182277.jpg


レジの横に、蝶の絵の描かれたコースターが置いてあった
「こんなの置いてるとこなかなか無いわよ」「けっこう高いんだから」と冗談っぽく言って、笑いながら一枚くれた
実際に手に取ると、丈夫な紙質だしきれいな色使い
確かに高価な感じがした


「夏になったらアイスコーヒー飲みに来てくださいね」という言葉で見送ってくれた

いや、夏になる前にまずはお弁当をいただかなくちゃ

e0219736_17183416.jpg

[PR]
by chanomibanashi | 2011-01-26 01:26 | 東京・板橋区