カテゴリ:静岡県( 4 )

熱海「珈琲 貴奈」

東海道線に乗って途中下車しながらいろいろ見て回っていた
18きっぷは本当に便利
今年の夏は特にたくさんの駅に降りているので、きっぷは下車印で埋め尽くされそうになっている
そしてわたしは、そんなきっぷを眺めているだけでにやにやしてしまうのだ

熱海にはたくさん素敵な喫茶店がある
しかしこの日の目的は喫茶店ではなく、熱海みやげの「ネコの舌」
渚町のお店まで行くには時間が足りなかったので、駅前第一ビルの支店で買うことにした

ネコの舌は、味はもちろんかわいい箱と手提げ袋もとってもお気に入り
嬉しくなってそのまま駅前ビルの中をうろうろ歩いていると、大きな窓から光が射し込む喫茶店を見つけた
すぐに帰るつもりだったのだが、やはり入らずにはいられなくなった

e0219736_2019147.jpg

e0219736_20185990.jpg

e0219736_20185468.jpg

e0219736_2018574.jpg

e0219736_20184770.jpg

隣の人が食べていたトーストセットもいいなと思ったのだけど、冷たいレモンティだけを頼んで飲んだ
ガムシロップが入っていた容器が香水瓶のようなデザインで美しかった

貴奈のマスターは高齢ながらぴんとした姿勢がかっこいい
奥で仕事をしている姿が見えたのだが、その表情は真剣で、静かな鋭さがこちらまで伝わってきた


それにしてもあのトースト、厚くて美味しそうだったな…
次回の熱海ではきっと!
[PR]
by chanomibanashi | 2011-08-27 02:07 | 静岡県

沼津「喫茶と軽食 ケルン」

e0219736_2118032.jpg

アーケード商店街が圧倒的に西日本に多い理由として、日照時間や太陽光線の強さがあると思う
せっかくの商品が日焼けしたり傷んでしまってはいけないので、それらを防ぐためにアーケードを設置したのではないだろうか
かと言って北日本にアーケードが無いかと言われればそんなことはない
しかし少ないことは確かで、こちらの理由としては単純に日照時間が少ないとか、過疎化で衰退してしまったとか、アーケードが大雪に耐えられないとか、そんなところではないかと個人的には考えている

沼津の町はあちこちにアーケードがあった
大阪あたりほどではないが、関東近郊の町よりは多い
歩きながら、なんとなく日本におけるアーケードの境界線を見たような気がして興味深かった

e0219736_21294774.jpg

沼津駅を背に真っすぐ歩くと、新仲見世商店街に着く
人通りの少ない少しさみしい商店街なのだが、その中にあったケルンはとても素晴らしかった
まるでそこだけ時が止まったような、古い喫茶店だった

入って、本物のレトロだと思った
い草の座布団、古い電話、土産物をたくさん並べた棚、猫や犬の絵と写真…
田舎のおばあちゃんの家のような、古き良き日本の景色がそこにあった

e0219736_21371480.jpg

e0219736_21372518.jpg

e0219736_21371232.jpg

e0219736_2137169.jpg

e0219736_21372093.jpg

e0219736_21372235.jpg

e0219736_2137181.jpg

e0219736_21372769.jpg

朝ごはんがまだだったので、コーヒーとバタートーストをお願いする
ホットにするかアイスにするか、パンは何枚食べたいか、耳はどうするか、一つ一つ丁寧に訊いてくれた
出来上がるまでの間、わたしは本棚から富永一朗先生の本を持ってきて読んだ

トーストを美味しく食べ終わったころ、お店のおばさまが話しかけてくれた
猫の話や沼津の町の話、喫茶店の話など

そして、ケルンのそんな空気がとても落ち着く懐かしいものに思えて、いつまでもいつまでもそこに居たい気持ちになった
[PR]
by chanomibanashi | 2011-08-17 20:00 | 静岡県

熱海「レストラン フルヤ」

熱海の日帰り旅行もすっかり楽しんで、さあもう帰ろうかという時間
駅の真ん前のフルヤを見て、やっぱり最後に寄ることにした
『レストラン』とあったが、外のサンプルケースには喫茶メニューも多くあったので気軽に入った
e0219736_2310431.jpg
e0219736_2395888.jpg


中はわたしの大好きな「海」の空間
青と白!曲線!それになんか熱海っぽい!
そうだよこれなんだよ、などと勝手に浮かれながらきょろきょろ眺めていた
e0219736_23123257.jpg
e0219736_23124382.jpg
e0219736_23125218.jpg


二階席もあったが、オフシーズンの平日ということもあって閉まっていた
聞いたところ、週末やシーズン中は開けるとのこと

e0219736_23153231.jpg

日帰り温泉に入ってきたばかりで、しゅわっとしたものが飲みたくてソーダ水を頼む
テーブルには懐かしい占い機
熱海の最後、完璧だなあ

e0219736_2394850.jpg

他のお客さんは美味しそうに食事をしていた
今度は飲み物だけじゃなく、おなかをすかせて行ってみたい
[PR]
by chanomibanashi | 2011-03-20 20:08 | 静岡県

熱海「喫茶 月ヶ瀬」

熱海へ18きっぷで行った
少し贅沢してみようということで、行きはグリーン車(もちろん二階席)に乗った

熱海は初めてだったのだが、なんだか寂しい気持ちになった
昔の観光地といった空気が流れていた
海水浴シーズンはもっと違うのかもしれないけど、とにかくがらんとしていた
そんな中でも洋食屋さんでランチを食べたり、ロープウェイに乗って秘宝館に行ったり、貸切の日帰り温泉に入ったりと、だいぶあちこち遊びまわった
喫茶店も何軒か立ち寄ってみた

そのひとつが、月ヶ瀬
e0219736_1523529.jpg

海へ向かう途中にひっそりとあった
中に入ると、とにかく明るいおばあちゃんが注文を聞いてくれた
店内は昔のまま時が止まったようで、あちこちにおばあちゃんが手作りしたという切り絵が貼られていた

e0219736_1524877.jpg

e0219736_15241536.jpg

e0219736_15242585.jpg

オリンピックの年からお店をやっている、と話してくれた
昔は人が押し寄せて忙しく、深夜1時まで営業していた時期もあったそうだ
今ではまわりの旅館がマンションに変わったり、観光客も減ったりして、昔とはだいぶ違ってしまったと寂しそうにしていた
地元の人がそう言うくらいだもの
わたしが寂しさを感じたのも自然なことなのだろう

e0219736_15244375.jpg

コーヒーは酸味が強め
旅先のコーヒーはそれだけで雰囲気があっていいなと思う


おばあちゃんは、お店の改装もろくにできず古いままだと言って謙遜していたけど、わたしは是非このままの状態でずっと残っていて欲しいと思った

熱海は昔より少し寂しくなってしまったのかもしれないけど、おばあちゃんの元気の良さはとても魅力的だったし、こちらも元気になれた
[PR]
by chanomibanashi | 2011-03-13 02:12 | 静岡県