「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:山形県( 6 )

山形「COFFEE & SNACK リーフ」

霞城公園から山形美術館のあたりは、緑が多くしっとりとした雰囲気がある
春は桜の名所としてたくさんの市民で賑わう場所でもある

公園を後にして大通りに出ると、こちらもまたしっとりとした雰囲気の漂う喫茶店があった

e0219736_19562241.jpg

e0219736_195869.jpg

e0219736_19581222.jpg

e0219736_19581071.jpg

リーフは本当にいい喫茶店だった
とても居心地がいいのだ
落ちついた印象の黒い壁には、絵画がたくさん飾られている
「壁が真っ黒じゃなんだから、絵を飾ろうと思ってね」とマスター
このマスターが人柄のよいとても明るい方で、お店のことや町のことなど沢山話してくれた

e0219736_20104114.jpg

e0219736_20103853.jpg

e0219736_20103614.jpg

手の込んだ、そして美しいレタリングとイラストで彩られたメニュー表
見ているだけで楽しい気分になって、隅々まで眺めた
その中からバナナシェークとソーダ水を頼んだ
するとカウンターからはシャカシャカと小気味よい音が
シェーカーで丁寧に作られたバナナシェークはまろやかで美味しかった

e0219736_20103224.jpg

「ゆっくりしてね」と、おやつと昆布茶もいただいた
大雑把に積まれた雑誌の中からいくつか選んで読んだ

どこに行っても、どんな時間でも、その町に喫茶店がある限りわたしはいつも通りでいられる
リーフでのんびりしながら、そんなことを考えて幸せだった
[PR]
by chanomibanashi | 2011-10-16 00:12 | 山形県

山形「cafe シャンソン物語」

シャンソン物語には「Power,Corruption & Lies」がある
この喫茶店が好きな理由の一つだ

e0219736_21153439.jpg

壁に掛けられた絵を見て「あ、New Order」と思った
わたしの大好きなアルバム「Power,Corruption & Lies(権力の美学)」のジャケットとそっくりなのだ
その壁の絵が何という画家のものなのか、実際にマダムには訊いていない
似ているな、もしかしたら同じかな、などと勝手に想像するだけでいいと思った
New Orderではなく、店内に流れるシャンソンを聴きながら絵を眺めるのもいいと思った

この喫茶店には「パリの朝市」という素敵な名前のメニューがある
平日のみ頼めるランチセットで、たっぷりのチーズが乗ったトーストと、たっぷりの生クリームが乗ったシナモントーストが半分半分になっていて、以前訪れた時に頼んでとっても幸せなお昼を過ごせたのを覚えている
しかしこの日は祝日
パリの朝市の代わりにシナモン生クリームトーストと飲み物をお願いした

e0219736_21302610.jpg

e0219736_21302371.jpg

e0219736_21302666.jpg

e0219736_21404683.jpg

e0219736_21404299.jpg

e0219736_2140386.jpg

お客さんがひっきりなしにやってくる
シャンソンが朗々と流れている
そんなざわつきに、小さなパリを感じてみる

e0219736_21482434.jpg

e0219736_21481696.jpg

e0219736_21482048.jpg

襟を立てたシャツがよく似合うマダムが、上品で美しかった

次に行く時には、その時こそは絵のことを訊いてみようかな


(ライフログに実際の「Power,Corruption & Lies」を紹介します。是非比べてご覧ください。)
[PR]
by chanomibanashi | 2011-10-14 03:04 | 山形県

酒田「ケルン」

e0219736_12098.jpg

「雪国」をご存じだろうか
雪を思わせるグラスのふちの砂糖と、グラスの底のグリーンチェリーが美しい、冬にぴったりのカクテルである
残念ながらわたしはお酒が飲めないこともあって、雪国のことは詳しく知らなかった
しかしとても有名なカクテルらしく、戦後の日本が生んだカクテルの傑作とも言われているのだそう
今度実家に帰ったら、父が持っているカクテルブックで調べてみよう

e0219736_1201517.jpg

酒田にあるケルンは、その雪国の考案者のお店
昼間は喫茶店として営業しているということで、ある日の昼下がりに入ってみた

カウンターの奥にはさすがにお酒のボトルがたくさん並んでいた
それでもテーブルの席は木のぬくもりのある落ち着いた感じで、喫茶店の空気に包まれている
お店全体がまるっきりバーのようだったらどうしようと心配していたのだが、これなら大丈夫とほっとして席についた

e0219736_1201870.jpg

e0219736_1201657.jpg

e0219736_1201367.jpg

雪国のことが書かれた雑誌の記事や新聞の切り抜きを読みながら、乾いたのどを潤した
カウンターの方からはときどき、マスターとお客さんの庄内弁が聞こえてくる
酒田の柔らかな訛りはいつ聞いてもいいなあと思う

あまり長居はしなかったが、この建物の趣ある雰囲気と、カクテル「雪国」のロマンあふれるお話がいい具合に混ざり合う素敵なひとときだった

コーヒーもアイスティーも美味しかったけれど、本当はお酒が飲めたらいいのに
[PR]
by chanomibanashi | 2011-09-17 23:56 | 山形県

山形「COFFEE ラヴ」

大雨の山形市
最上川舟下りもキャンセルになってしまってついていない
だけどこんな日は喫茶店で寛げる
コーヒー ラヴに入った

入るとまず広々としたカウンター席があり、奥の一段下がったところにテーブル席があった
もう使われていないアルカノイドのゲーム台の上に置いてある大きなコーヒーカップがかわいい
落ち着いた雰囲気で、掛けてある絵画もセンスがよかった

センスのよさは運ばれてきた飲み物にも表れていた
アイスレモンティーのレモンの切り方がお洒落
四角いグラスに丸いレモンがうまく合っている
ホットコーヒーのカップもお洒落
こういう丁寧で素敵なものや仕事ぶりを見ると、より一層そのお店が好きになる

ラヴの椅子はとってもふわふわで、いつまでも座っていたい気がした
のんびりしながら、少しうとうとしたりして結構長居した

カウンターの向こうでは、マスターと奥様がランチタイムに向けて黙々と準備をしているようだった
二人とも穏やかで、口数は少ないけれど最後までふんわりと優しかった

わたしに「随分愛想のいいお客さんだなあ」と声をかけてくれたマスター
次回はもっとマスターとお話してみたいな

e0219736_19141264.jpg

e0219736_19141468.jpg

e0219736_2153285.jpg
e0219736_21383387.jpg

e0219736_21452780.jpg

e0219736_22264721.jpg

e0219736_21405676.jpg

e0219736_2154136.jpg
e0219736_21561368.jpg

[PR]
by chanomibanashi | 2011-06-26 00:00 | 山形県

酒田「軽食 喫茶 マリン」

酒田の町をぶらぶら歩いていると、少し遠くの方に素敵な看板を見つけた
わくわくしながら近付くと、そこには海の色で「マリン」と書かれていた

酒田は港町
海の近くにふさわしい名前の喫茶店
しかも中には船の写真や面舵などが飾られている
船のような丸い窓もあった
日の当たる窓際に座り、ソーダ水とアイスコーヒーをお願いした

まるで海辺にいるような気持ちになるBGMを聴きながら、ここに辿りつけたことを本当に嬉しく思った
運ばれたグラスに光が差し込んでとてもいい雰囲気だった

e0219736_235512.jpg

e0219736_2355639.jpg

e0219736_2354796.jpg
e0219736_236421.jpg

e0219736_236023.jpg

e0219736_236230.jpg

テーブル席に使われているからし色と黒色の椅子が渋くてお洒落なのに対し、カウンターに並んでいた椅子はポップな花柄だった
「マスターこれいい!すごくかわいいと思う!」とひとり大盛り上がりのわたしに「ふーん」とマスターが一言
いかんいかん、少々はしゃぎすぎてしまった、などと思いつつも、かなり好みの喫茶店だったのでしばらくわくわくが止まらなかった
わたしの言葉にたまに反応してくれるマスターの短い言葉もなんだかよかった

e0219736_2353542.jpg

e0219736_2342334.jpg

お店を出てしばらくすると、大粒の雨が降ってきた
急いで駐車場に走って車を出す

そうして今度は車でマリンの前を通ると、あの看板はもう仕舞われてサンプルケースも覆われてしまっていた

間に合ってよかった
マリンでひと休みできてよかった
本当によかった
[PR]
by chanomibanashi | 2011-06-25 20:20 | 山形県

鶴岡「純喫茶 ローリエ」

e0219736_19171378.jpg

どこか西洋の雰囲気も感じられる、丸みを帯びた白い外観
扉を開けると、とても広くて素敵な純喫茶の空間が広がっていた

e0219736_2223237.jpg

e0219736_2223661.jpg

e0219736_22231387.jpg

e0219736_22231624.jpg

e0219736_22231871.jpg

e0219736_22232189.jpg

程よく暗めでムード満点の店内
優しい笑顔の奥様が迎えてくれた

どの席に座ろうか迷ってしまうくらい、あちこちに魅力的な景色がある
大きな絵画のそばがいいだろうか、いや、豪華なシャンデリアの下かな
待てよ、奥の壁の装飾もおもしろそうだし、別の壁には星座がキラキラ現れてきれい…

いろいろ考えて、結局それらがまんべんなく見える真ん中あたりの席を選んで腰かけた

e0219736_22302090.jpg

レモンスカッシュとアイスコーヒー
長距離の運転中に何も食べていなかったので、ツナのホットサンドもお願いした
ボリューム満点のこのホットサンド、ツナサンドには珍しくソースで味付けしてあった

隅々まで、いつまでも眺めていたい気持ちになる純喫茶
ローリエのすべてが「純喫茶」にふさわしい気がした
[PR]
by chanomibanashi | 2011-06-24 00:28 | 山形県