「ほっ」と。キャンペーン

新小岩「喫茶 エンゼル」

e0219736_17204347.jpg

e0219736_17204593.jpg

e0219736_17205131.jpg

みのり会という商店街の一角に、鮮やかなオレンジ色の屋根が見えてくる
そこには「エンゼル」と、ファンシーなフォントが踊っていた
わたしは小走りで駆け寄り、外に出ているモーニングの看板を確認して、カーテンの掛かったドアを開けた

e0219736_172312100.jpg

e0219736_17264089.jpg

明るさを抑えた、とても静かなエンゼル
本棚があるので見てみると、お馴染みの週刊少年誌や新聞とともに文庫本がたくさん並んでいた
雑誌や新聞を様々たくさん並べているお店はよくあるけれど、文庫本がずらりとは渋い
池波正太郎など、マスターの好みなのだろうか
モーニングを待つ間に興味深く眺めた

e0219736_17212939.jpg

e0219736_17212437.jpg

天井には変わった形のライトが、変わった配置で付いている
カラフルで可愛いこのライト、どうしてこんな風に並んでいるのだろう
マスターに尋ねると、「お客さんが会議とか何かするときに明るいように…」と控え目に答えてくださった
光の向きなどを考えた、よく工夫されたライティングなのだそう

e0219736_17213531.jpg

そうこうしているとマスターがモーニングを運んでくれた
耳の切り取られたトーストは焼き加減が絶妙で香りもいい
しんとした、心が洗われるような朝食の時間
このまま時の流れが止まってしまいそうな静寂だった

e0219736_17205732.jpg

[PR]
# by chanomibanashi | 2012-07-20 10:04 | 東京・葛飾区

六郷土手「喫茶・軽食 ハッピーバード」

e0219736_20103763.jpg

六郷土手駅を降りてすぐに見えるハッピーバード
外から観ると、店内の照明がキラキラとまるで星を散りばめたように輝いている
どんなふうになっているのだろう、と、期待に胸をふくらませながら階段を上った

e0219736_20125934.jpg

e0219736_2012567.jpg

e0219736_20125437.jpg

e0219736_20125035.jpg

e0219736_20125312.jpg

中に入って早速天井を確認すると、小さめの電球が細かくたくさん付いていた
わあ、こうなっていたのか
趣向を凝らしたランプシェードや派手なシャンデリアもいいけれど、こういうシンプルに魅せる照明も素敵
店内は適度に広く、全面窓も心地よい
ステンドグラスシールがあしらわれた窓も可愛らしかったりと、全体がほのぼのとあたたかいお店だなと感じた

セットメニューが豊富にあったのだが、モーニングは無い様子
ハムサンドとアメリカンをお願いした

e0219736_20124767.jpg

一人で食べるには多いくらいたっぷりのハムサンド
しかもハムが厚い
粒マスタードが効いていてどんどん進む味だった

e0219736_21105962.jpg

現在のお店は改装して30年ほどとのこと
テレビ番組の再現VTRの撮影などにも使われたことがあるそうで「駅から近いからね」「レトロ調だからね」とマスター

他にもあれこれ話した中に「ここは茶屋からずっと続いてて…」という件があってはっとした
何でもハッピーバードは遡ること江戸時代、お茶屋さんの時代から先祖代々続いているのだそう
もちろんその当時は農業と兼業だったり今とは場所が少し違ったりしたそうだけど、ハッピーバードはずっと昔から飲食に携わりながら受け継がれた、由緒正しき喫茶店なのだ

話してみないと分からない、壮大でロマンあるお店の歩みを聞くことができて感慨深かった
[PR]
# by chanomibanashi | 2012-07-18 08:01 | 東京・大田区

蕨「喫茶 クラウン」

わたしの仕事は、土曜日はいつもより早く終わる
そのまままっすぐ家に戻ってもいいのだが、折角外に出ているということもあって、いつもとは違う電車に乗って少しだけ遠くへ出かけるのもいいなと思っている

e0219736_16441766.jpg

ぽかぽかと暖かくなってきた春先、わたしにとって「少しだけ遠く」にある蕨駅に降り立つ
そのそばにある喫茶店 クラウンを訪ねた

先客が一組いるなと思いながら入ったのだけど、実はそれはお店の方々だった
わたしに気がついてすぐに席を案内してくれ、丁寧にメニューを差し出してくれた
仕事終わりで体もくたびれ気味
甘いものをと思い、ホットケーキセットを頼むことにした

出来上がるまでの間、奥さんにお願いして店内を色々見せて頂いた
三階建てのクラウンだが、実際主に使用するのは一階
二階は団体客用で、三階は立ち入り禁止にしているそう

波状の壁、天井のブロックがレトロな風情
螺旋階段もロマンチックで、一目で好きになった

そしてその螺旋階段に優しく守られるように、ゴージャスで大きなシャンデリアがあった
今ではなかなかどこにも無いものだそうで、ここにあるものもだいぶ劣化してしまって所々折れてしまうこともあると言っていた
「夜になるともっと綺麗なんですよ」とも教えてくれた
最終的にわたしは辺りが暗くなるまでクラウンにいたのだが、だんだんとより輝きを増していく様が感動的だった

個人経営でこれだけ広さのある正統派喫茶店は、都市近郊において今ではなかなか珍しい
実際蕨にも他に何軒かこういった喫茶店があったけれどだいぶ無くなってしまったと奥さん
時代の流れがあるとは言え、こういう話はいつ聞いてもとても残念な気持ちになる

今はできるだけ、思いつくまま、喫茶店に出掛けよう
古き良き景色を一つでも多く心に焼き付けたい
軽く疲れた体でも、この日のクラウンのような空間に出会えるのなら「少しだけ遠く」もちっとも苦にならないから

e0219736_16443835.jpg

e0219736_1644401.jpg

e0219736_16444261.jpg

e0219736_16443076.jpg

e0219736_16442836.jpg
e0219736_16443388.jpg

e0219736_1644354.jpg

e0219736_16442422.jpg

e0219736_16442651.jpg

e0219736_16442141.jpg

[PR]
# by chanomibanashi | 2012-07-10 09:06 | 埼玉県